内視鏡体験記

この記事は私が実際に経験した、計2回の内視鏡検査について書いています。
病院によって、受診する人によって検査内容は変わってくると思いますが、大体の流れを感じていただければと思います。

なぜ内視鏡をするに至ったかは下の記事から読めます。

 

(大腸)内視鏡検査って?

先端にCCDカメラを装着した細い管を肛門から挿入し大腸の内側を観察します。

ポリープや癌、出血、炎症等をテレビ画面で観察し診断。

組織を採取し細胞を詳しく検査することもできる。(生検)

 

まずは病院で内視鏡の予約を取るところから始まります。
当日行ってすぐに検査してはもらえません。(入院中は除く)

麻酔の希望があれば予約時に伝えましょう。
私が行った病院では麻酔は施行してなかったため、麻酔はなしです。

予約前日夜までは消化の良い食事ならとってよいと言われました。
(この時食事がまともにとれる状態ではなかったので、ほぼ絶食状態です。)

前日寝る前に、液体の下剤を水に溶いて飲み、その日はそのまま寝ます。
翌朝(内視鏡検査当日)から検査が終わるまでは水分のみの絶食です。

 

 

 

 

 

 

 

モビプレップという腸をきれいにするために飲む洗浄液です。
便がカメラを邪魔しないよう腸内を空っぽにする必要があるので、飲んでは排水というのを繰り返し行います。

2ℓの内容量がありますが、1ℓほどで大体は検査を受けても大丈夫だと思います。
排水便が薄黄色または透明になれば検査可能です。

難点は味が美味しくないということ。
はじめのひと口はスポーツドリンク?と思うほど飲みやすく感じるんですが、飲んでいくとこの味を受け付けなくなってきます。

ひどい場合は嘔吐する方もいるようで、私も食事を受け付けない状態で1ℓのまずい水分は非常に酷でした。

結局3時間以上かけても500mlほどしか飲めなかったのですが、元々何も食べてない期間が長かったため、ほとんど腸に便はありませんでした。

 

腸の洗浄が終わったら、予約時間までに病院へ行きます。
お尻に切れ目の入ったパンツを渡されるので、検査前に履き替えます。

ベッドに左を下にして横になり、カメラ先端に麻酔ゼリーを塗り、肛門から挿入していきます。
挿入時の痛みは全くありませんでしたが、感覚は無ではないので挿入時の違和感はあります。

カメラから出る空気で腸を広げながら観察していくんですが、控えめに言って地獄なほど辛かったです。
空気が入るたびに腸がうずき、しまいには嘔吐してしまう始末でした。
胃には何もないので胃液しか出ませんが、モニターを見る余裕などなく、ひたすら看護師さんの手を強く握り耐えるしかありませんでした。

内視鏡検査自体、そう長い時間は要しませんが、体感時間は思ったより長いです。

検査が終わったら先ほどの辛さは全く消え、普通に歩けるしお腹が痛くなることもありませんでした。

そのあとは医師との問診があります。
腸内の画像を見ながら説明を受けるかと思います。

この時同時にポリープを4つ取ったらしく、かかった費用は2万5千円ほど。
結構な金額です。
ポリープ除去は保険適用外なので、治療費が大幅に上がります。
取るか取らないかは私は聞かれませんでしたので、お財布には余裕をもって検査に臨むのがいいかと思います。

 

2回目の内視鏡検査は麻酔ありで行いました。
静脈麻酔で寝ている間に終わるというものです。

1回目の検査の時は前日からの下準備が必要でしたが、2回目は浣腸のみでの検査ということになりました。
腸を出来るだけ刺激しないようにとの配慮でした。
ちなみに1回目と2回目の病院は違います。

少し便があっても押しのけて検査するという少し強気な感じですが、洗浄液を飲まなくていいのは嬉しいことです。
処置室で浣腸し、ある程度便が出たら検査室に移動します。

ここでも検査着に履き替え、カメラを入れる直前に麻酔が打たれます。

この時点滴をしていたため、点滴ルートから麻酔が入りました。
同時に腸の動きを抑える注射もされましたが、これは皮下注射でした。

静脈麻酔の際、血管がしみる感じがありましたがよくあることらしいです。
麻酔をいれてほんの数秒だと思いますが、知らない間に眠っていて目が覚めた時には検査は終わっていました。

痛みも苦痛もなく体感時間は数秒で終わったという感じです。

ただ麻酔をした際しみたところなんですが、血管が炎症を起こしてしこりのようなものができてしまいました。
現在1ヵ月以上経ちますがまだしこりは残ったままです。

最初の頃はうずく感じの痛みがあり、例えるなら打撲のような痛みに似ています。
医師に伝えたところ、問題はなさそうなのでそのままにしていますが、処置があるとすれば塗り薬が処方されるくらいらしいです。

しこりが消えたらここでまた報告しようかと思います。

 

ただ全員が私のように炎症を起こすわけではないので、麻酔をして苦痛なく検査ができるなら麻酔を施行している病院を探してもいいかと思います。
麻酔をして検査した場合は、1時間ほどの安静と運転をして帰れないので(自転車も乗ってはいけない)、自分の都合に合わせて選んでみてください。

ちなみに2回目の検査費は1万9千円ほどでした。
ご参考までに。

他の方のブログは下のバナーから💕 1クリック頂けると励みになります😍
にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へブログランキング・にほんブログ村へ

0

2019年2月17日内視鏡検査

Posted by romi